保育内容 保育内容 年間行事 入園案内 2歳児保育 園からのお知らせ
こんな子どもになってほしい、私達の教育の目標です。
神様に愛されている事を感じ、感謝の出来る子ども
明るく元気な子ども
よく考えよく遊べる子ども
「わたしは植えアポロは水を注いだ。 しかし成長させてくださるのは神である」 「いつまでも存続するものは信仰と希望の愛である。 このうちで最も大いなるものは愛である」 (新約聖書コリント人への第1の手紙                   3章6節及び13章13節)

聖書の教えを心の柱とし、 やがて成長した時に神の愛に気づき、 神と人々に愛される人となるように。 人に対して素直に感謝が出来る人となるように。 社会人として立派に責任をはたせる人になるように。
小学校の知的教育が始まる前の幼児期に、まずしなければならない事は心を育てる事です。 目に見えない神様の存在を信じる事は、心の教育の第一歩だと思います。人々を愛し人々から愛される人になれるような、 人格の基礎を作るためのお手伝いをさせていただきます。どもはみんな神様に伸びる力をいただいています。その芽をつま ないように、すくすくと伸びるようにゆっくりと、そっと育てていきましょう。
約100年前のイタリアで初の女性医師が誕生しました。
モンテッソーリ女史です。モンテッソーリは教育的な教具をたく さん考案し、その教育法が世界中に伝わりました。子どもの発 達にそった教具を使用し、特別な資格を取得した教師たちに よって指導をけます。日常生活の練習、感覚教育にとくに力 を入れています。
長い年月、みぎわ幼稚園からバイオリンの音色が消えた事は ありません。45丁のバイオリンが常にフル回転です。キラキラ星変奏曲は みぎわの定番です。バイオリンの先生と共に気持ちを合わせて弾く年長組の合奏は、本当に素敵な音色となります。
季節の美しいお菓子をいただき、京都から取り寄せたお茶 をいただく日を子ども たちは楽しみにしています。畳の上に正座してお行儀よく いただく子どもたちの姿は可愛らしく、静かなひとときを 大切にしたいと思います。
子どもたちは、英語でご挨拶のお歌から始まるこの時間を 楽しみにしています。園児の中には外国の子どもたちもいます。 共に生きる社会と世界をつくる者として成長して欲しいと思い ます。大人になってはなかなか出来ない発音があります。 幼い時期に本物の発音を教えてもらい、国際共通語の英語に 親しむ気持ちを持てればと思います。
ひたちなか市のスイミングスクール(アシスト)に月に 1度園バスで行きます。小学校前に水に慣れ親しむため、通っています
幼児体育研究所の先生が毎週来て指導しています。 楽しくてどの子の顔もニコニコです。どの子も体操が 大好きになりました。
うさぎ組(2歳児) 2歳児を対象に「うさぎ組」という呼び名の
 クラスがあります。 親から離れて子どもと保育者で過ごします。
 週2日から5日 まで自由に保育日数を選ぶことができます。
ひよこ組(親子教室) 毎週火曜日(9時30分〜12時)
未就園児に園庭開放をしてい ます。
 毎週水曜日(10時〜12時)
給食は週3日〜週5日と自由に選べます。お子さまの栄養バランスを考えた給食を実施しています。
東海村4コース、ひたちなかコース、2コースあります。
お母さまがお勤めの方でも通えるように朝8時より午後 6時30分までの預かり保育を実施しています。(夏休みなどの長期休み中もお預かりいたします)
保育終了後、以下の課外科目があります。希望者が受ける事が出来ます。

サッカー 体操  英語 ピアノ  絵 モンテッソーリ教室書き方教室 バレエ
【TOPに戻る▲】